記事詳細

News

こいのぼり🎏に願いを込めて

皆様、こんばんわ。

明日からGWですね!

GWの祝日である5月5日は「こどもの日」

この日になぜ、こいのぼりを飾るのでしょうか?

 こいのぼりの登場は江戸時代になってからだと言われています。

鯉は清流だけでなく、沼や池などで生きていけるほど生命力が強いため、 子どもの健康を願う象徴として使われました。

 また、中国に竜門という滝があり、 そこを登った魚は竜になると言われていました。 その滝が登れる元気な魚は鯉を除いて他にはいませんでした。

登竜門の由来となったこの故事に習い、 そこから鯉は出世魚の代表として考えられるようになったのです。

 日本では将軍に男の子が生まれた時、 旗や幟(のぼり)をたててお祝いをする風習がありました。

 端午の節句は、武家社会で生まれた男の子の成長を祝うための、 重要な行事だったのです。

 そして、そのめでたい行事にあやかり、町人の間でも端午の節句に、 鯉の幟(こいののぼり=こいのぼり) をたてるようになり、現代まで受け継がれてきたわけです。

サロンでは現在、人気のお餅ロールをこいのぼりに見立てた

「こいのぼりロール」販売中です♪

5月5日は国の祝日として 「子どもの人格を重んじ、幸せや成長を願う日」 となりました。

 そんな日に、当店のこいのぼりロールを囲んでいただけたら幸いです。

皆で、お子様の健やかな成長を願いましょう。

おすすめの記事

Featured Posts